自分の排卵日を調べる方法

確実に赤ちゃんがほしいひとも、妊娠を避けたいひとも、自分の排卵日を知っておくべき。計算のし方などを調べてみました。

サイトトップ > 基礎体温で、自分の排卵日を確実に知る

スポンサードリンク

自分の排卵日を調べる方法

基礎体温で、自分の排卵日を確実に知る


基礎体温を測って、自分の排卵日を確認する方法もあります。基礎体温とは、身体の動きがもっとも安静にある状態での体温のことです。そのため検温は睡眠中がベストなのですが、寝ているときには測れないので、朝目が覚めたらすぐに寝たままの状態で測ります。


測り方は、目覚めたらすぐ舌の下に婦人体温計を入れ、寝たままの状態で検温するのが一般的。婦人体温計は35.5℃〜38℃の間にかけて目盛りが細かいため、ふつうの体温計よりも精度が高まります。


妊娠しやすい日がわかり、妊娠の可能性をお知らせしたり妊娠トラブルをお知らせするなど、より機能の充実した“基礎体温計”を利用するのもいいでしょう。


排卵が行われる当日〜2、3日後にかけ、基礎体温は高温期(約36.8〜36.9℃)に入ります。月経がはじまると体温はまた通常値に下がるため、正常な排卵が行われている女性の基礎体温は排卵日をはさんできれいな二相性を示すことに。


基礎体温を測る習慣を身につけていると、排卵日を確実に調べることができるだけではなく、日ごろの健康管理にも役だてられます。また、排卵日前後の基礎体温がアンバランスな変化だとしたら排卵に問題があるかもしれず、早期チェックの目安にも。


自分の排卵日を調べる方法

MENU



スポンサードリンク